声優の専門学校で声を仕事にする|自分の壁をコエる

声優

プロを目指せる授業内容

ファンタジー

声優はアニメやゲーム、映画の吹き替えなどさまざまなものの声を担当します。声だけで視聴者に感情や気迫を伝える必要があるので、高い演技力も必要になります。そのため、声優の専門学校では演技の授業も取り入れられています。また、さまざまな役になりきれるように子どもの役から老人の役、場合によっては性別の違う役にもチャレンジします。卒業後は声優としてすぐに活躍できるように高い技術力が身につくのです。さらに、声優の基本は発生と滑舌です。視聴者に聴こえやすい声量とどのようなセリフもスラスラといえるような滑舌が大切なので、専門学校によっては毎日練習するところもあります。およそ2年から3年ほど毎日行なうことでだれでもプロ同様のスキルが身につきます。有名な声優になりたい人や、幅広いジャンルで活躍したい人は練習時間を豊富に取り入れている専門学校に入学しましょう。

社会人として一般企業に就職したが、それでも声優になりたいという夢を捨てきれないという人に適しているのが声量の専門学校です。専門学校には夜間コースがあるので、働きながら声優を目指すことができるのです。さらに、専門学校によっては夏休み限定で社会人やフリーターに向けたイベントを行なっているところもあります。学費や生活費、また再進学による悩みなどを先生に相談することができるので、夢を叶えるのに遅くはないということを実感できます。諦めきれない夢がある人は、今からでも専門学校に通うと適切です。声優の専門学校では、在学中からゲームやアニメなどさまざまな作品を作り上げます。主にグループで製作しますが、声優担当やイラスト担当などわけて作業を行なうので、自分の専攻しているスキルを発揮することができます。また、その作品が注目を集めることができれば在学中から就職先が決まる可能性もあります。専門学校にはさまざまなメリットがあるので、声優を目指す人に適しているのです。